〒650‐0046 兵庫県神戸市中央区港島中町8-5-1

(代表)TEL:078-304-4100
FAX:078-304-0041受診予約専用ダイヤル TEL:078-304-5481

【対応時間】平日(月~金曜)8:30〜17:00

神戸低侵襲がん医療センター がん治療 放射線治療 薬物療法 ポートアイランド 神戸医療産業都市 低侵襲 サイバーナイフ

  • がん治療
  • 放射線治療
  • 薬物療法
  • IVR
  • 内視鏡
  • 口腔ケア
  • がんリハビリ
 
  • 関連リンク
  • 看護師募集案内

当科の特徴 - がんリハビリ -

がん患者さんはがんの進行やがんの治療過程で心身のさまざまな機能障害を生じます。体力の低下や手足の麻痺、飲み込み・発声の障害、痛みやしびれ、むくみ、骨折、不安・抑うつなどです。それらにともなって、日常生活や仕事を制限されてしまいます。がんのリハビリテーションではこれらの機能障害をできる限り予防し、起こってしまった機能障害の回復を図り、生活能力の向上と仕事や余暇への復帰を目指します。

リハビリテーションの内容は病期によって以下のように分けられます。

予防的リハビリテーション

がんと診断された後、早期に開始されるもので、まだ機能障害はないが、予防を目的とします。治療前や治療後すぐに開始します。当院では諸種の機器を用いて、体力(筋力や心肺機能)の評価と維持・増進訓練を行います。

回復期リハビリテーション

起こってしまった機能障害に対して、障害発生を早期より最大限の機能回復を図ります。体力の低下した患者さんでは、離床を援助し、体力を再評価のうえ、適切な運動負荷によるトレーニングを実施します。 麻痺や痛み、むくみ、飲み込み・発声困難などに対してそれぞれ専門的な訓練を実施します。必要に応じて、具体的な日常生活動作および仕事・家事に必要な作業を練習します。

維持期リハビリテーション

がんが増大しつつあり、機能障害や動作能力の低下が進行しつつある患者さんに対して、できるだけ離床と機能維持を図ります。また、動作訓練を継続すると共に、すぐに使える便利な道具類を紹介したり、車椅子移動が必要となった場合は、操作訓練と環境整備を行います。

緩和的リハビリテーション

呼吸苦・疼痛・浮腫の緩和や拘縮・褥瘡の予防を行います。また外泊や一時退院に向けて家族指導や環境整備を行います。

当院ではこれら一般的なリハビリテーションに加えて、がんの標準治療である放射線治療や化学療法の治療効果を高めるために、患者さんの希望に応じて以下のような訓練も実施しています。

このページの先頭へ戻る