〒650‐0046 兵庫県神戸市中央区港島中町8-5-1

(代表)TEL:078-304-4100
FAX:078-304-0041受診予約専用ダイヤル TEL:078-304-5481

【対応時間】平日(月~金曜)8:30〜17:00

神戸低侵襲がん医療センター がん治療 放射線治療 化学療法 ポートアイランド 神戸医療産業都市 低侵襲 サイバーナイフ

  • がん治療
  • 放射線治療
  • 薬物療法
  • IVR
  • 内視鏡
  • 口腔ケア
  • がんリハビリ
 
  • 関連リンク
  • 看護師募集案内

患者さん・ご家族の方へ

当院は「がん治療」だけではなく、がんが気になる方や気になる症状がある方でも受診していただけます。
まずは気軽に受診予約専用ダイヤルにお電話ください。受診予約の流れについては下記の該当項目をクリックして参考にしてください。


 

現在がん治療中の方

がんが気になる方・関心のある方

 

 





現在がん治療を受けられている方

紹介状のない方

紹介状をお持ちでない方は、受診予約専用ダイヤル:078-304-5480へお電話ください。

電話で病状を聞かせていただき、病状に応じた診療科で予約をお取りします。
※但し内容によっては紹介状の準備をお願いする場合があります。

※紹介状がなくても選定療養費など別途料金はかかりません。

紹介状をお持ちの方

紹介状をお持ちの方は、受診予約専用ダイヤル:078-304-5480へお電話ください。予約をお取りします。

セカンドオピニオンをご希望の方

受診予約専用ダイヤル:078-304-5480へお電話ください。内容に応じて予約をお取りします。
当院セカンドオピニオンの料金体制は、1時間:10,000円(税別) 以降30分ごとに 5,000円(税別)です。
※できるだけ事前に紹介状などの資料を準備しておいてください。資料を依頼する医療機関によって対応は異なるかもしれませんが、病院間で予約をとる流れになる場合もあります。

がんが気になる・関心のある方



受診予約専用ダイヤル:078-304-5480へお電話ください。
気になる症状や検診で指摘された内容に応じて対象診療科で予約をお取りします。

何かに受診していいかわからない場合も気軽にご相談ください。下記に診療科ごとに症状を挙げていますので受診の目安にしてください。

・何科に受診していいかわからない
・咳が続く、・長引く風邪 ・体重減少や食欲低下
 
・胃や大腸の違和感 ・胃のむかつきや嘔気
・下痢が続く ・ピロリ菌が気になる
 
・何科に受診していいかわからない
・咳が続く ・
長引く風邪 ・体重減少や食欲低下
・慢性疲労
 
 

特に気になる症状はないが「がん」が心配な方

現在は健康だが「がん」が気になる方や「検診」を受ける予定のない方や悩んでいる方は下記項目をご案内しています。

がん検診

この機会にいろいろと調べたい方は「がん検診」を受けられてはどうでしょうか。標準から特別コースまでご希望内容に応じた「がん検診」コースをご案内します。

AICS(がんリスクスクリーニング検査)

がん検診を受けるのは悩む方、気軽に検査をしたい方は「AICS(がんリスクスクリーニング検査)を受けられてはどうでしょうか。採血のみで6種のがんリスクを調べる検査です。

 

よくあるご質問 Q&A

Q. がんになっていないか心配です。がんの検診をしてもらえるのですか?
A. 当院では、がんに特化した検診を行っています。各オプション検査を追加することも可能です。
Q. がん検診は金額が高いので検診を受けるのは悩みます。他に何か検査方法はありませんか?
A. 当院では採血だけでがんのリスクを調べるアミノインデックスがんスクリーニング検査を実施しています。
Q. 紹介状がないと診てもらえないのですか?紹介状がないと別途料金が必要になりますか?
A. 紹介状がなくても受診は可能です。また、別途料金も必要もありません。気になる症状がある方や検診で要検査となった方は気軽に受診予約専用ダイヤルにお電話ください。内容に応じて予約をお取りします。

すでに他の医療機関でがんの治療を受けておられる方には、できるだけ紹介状の準備をお願いしています。紹介状により、これまでの治療内容がわかることで、当院での診療が円滑で迅速に受けていただけます。紹介状の準備ができない場合でも受診は可能ですが、当院で新たに検査をしたり、現在治療中の医療機関へ資料提供の依頼を当院がお願いすることもありますので、ご理解ご了承の上で受診してください。
Q. がんは放射線治療だけで治せますか?手術をしなくても治せますか?
A. 放射線は照射した部位にのみ効果が得られるので、がんが局所にとどまって転移がない場合に、放射線治療でがんを治すことが出来ます。喉頭がん、小さな肺がんや肝臓がん、前立腺がん、子宮頸がんなどは放射線治療が有効で、治療効果は手術と遜色がありません。これに対して、胃がんや大腸がんは、正常粘膜が放射線に弱いことや、ぜん動により形や大きさ、位置が変化するため放射線治療は向いておらず、内視鏡治療や手術が第1選択になります。
Q. 放射線治療の適応について目安を教えてください。転移があると適応は難しいのですか?
A. 放射線治療は局所療法であるため、がんが局所にとどまっている場合に適応になります。また、がんの周囲のリンパ節に転移がある場合でも放射線治療は適応になりますが、その場合抗がん剤を併用して治療効果を高めて行うことが多くなります。骨や脳など離れた臓器に転移が広がっている場合は、がんを治癒させる目的では放射線治療は適応になりません。転移がある場合は、がんや転移による痛みなどの症状を緩和し、がんとの共存を目指す目的での放射線治療が適応になります。
Q. 治療費は高額になるのでしょうか?保険はきくのでしょうか?
A. 当院では原則保険診療で行っています。高額療養費制度も適応されますので、毎月の自己負担額には上限が設けられています。自己負担額の上限につきましては個々のケースで異なりますので、詳細につきましてはご自身の健康保険の担当窓口にてお尋ねください。
Q. 粒子線治療もしていますか?粒子線治療と放射線治療と何が違うのですか?
A. 当院では、X線を用いた放射線治療を行っていますが、粒子線治療は行っていません。粒子線治療と放射線治療の最も大きな違いは、体内でのエネルギーの分布です。放射線が人体に当たると、表面から1~2㎝のところで最も強くなり、深部へ進むにつれて減弱します。一方粒子線は、身体の中をある程度進んだところで急激に高くなり、そこで消滅する特徴があります。陽子線と放射線では治療効果にどの程度の差があるかは明らかではありませんが、炭素イオン線はX線が効きにくい一部のがんや肉腫に対して有用と言われています。
Q. 仕事をしています。仕事をしながら放射線治療を受けることはできますか?
A. 放射線治療は、臓器を取り除かないでがんを治療することが出来るので、仕事をしている方も治療を受けることが出来ます。治療時間については夕方5時以降でも可能ですので、診察の際に気軽にご相談ください。
Q. 入院施設はありますか?有料の部屋はいくらですか?
A. 当院には80床の入院設備があり、12床が4床室(3部屋)、68床が個室です。有料個室は40床で、室料は6,000円・8,000円・15,000円・20,000円で、室料に応じて部屋の設備内容が異なります。
Q. 神戸大学医学部附属病院の関連病院になるのですか?
A. 当院は、神戸大学の関係病院であり、高精度の放射線治療機能を補完しています。また、放射線科、放射線腫瘍科、腫瘍内科においては、当院は後期研修の関連施設になっています。同時に当院は、神戸市がポートアイランドにおいて推進している「神戸医療産業都市」のメディカルクラスターの施設として、高度で専門的な医療サービスを提供しています。
このページの先頭へ戻る