〒650‐0046 兵庫県神戸市中央区港島中町8-5-1

(代表)TEL:078-304-4100
FAX:078-304-0041受診予約専用ダイヤル TEL:078-304-5481

【対応時間】平日(月~金曜)8:30〜17:00

神戸低侵襲がん医療センター がん治療 放射線治療 化学療法 ポートアイランド 神戸医療産業都市 低侵襲 サイバーナイフ

  • がん治療
  • 放射線治療
  • 薬物療法
  • IVR
  • 内視鏡
  • 口腔ケア
  • がんリハビリ
 
  • 関連リンク
  • 看護師募集案内

当院の消化器内科についてへ

当科では専門医2名が対応しています。内視鏡検査以外でも、一般内科的な相談でもかまいません。気になる症状があれば気軽に受診してください。

診療内容について

   
   
   

機能性消化管疾患外来

機能性消化管疾患とは、
  ・胸 や け
  ・胃もたれ
  ・便  秘
  ・下  痢

などの症状を伴う疾患です。
気になる症状があれば、気軽に受診してください。

ヘリコバクター除菌外来

ヘリコバクターピロリ(ピロリ菌)に関連する疾患は、
  ・慢性胃炎
  ・胃、十二指腸潰瘍
  ・胃がん

などです。除菌することで発症リスク軽減が期待できます。
これまで除菌治療は胃・十二指腸潰瘍等と診断されたかたのみが保険適応でしたが、内視鏡検査で胃炎と診断された方も保険適応となっています。ですので、当外来は原則、内視鏡検査(胃カメラ)を行いますので予約をとって受診してください。
内視鏡検査を行い潰瘍病変や胃の炎症の程度を評価し、同時にピロリ菌を検査します。陽性であれば除菌薬を処方します。

内視鏡検査

当院のコンセプトでもある「小さく見つけて」において、内視鏡検査をしています。適切な鎮痛剤を用いて苦痛の少ない内視鏡検査を実施しています。また当院では経験豊富な専門医2名が対応しています。

【上部内視鏡検査(胃カメラ)】
  ・胃の調子が悪い方
  ・ピロリ菌が気になる方
  ・検診や健康診断で気になる結果がでた方
  ・胃腸のがんを患った血縁者がいる方
  ・40歳以上の方
 

注意事項

受診日当日に検査を希望される場合は必ず予約をとって受診してください。原則午前中の検査とります。
検査日の前日21時以降の食事はせず、当日の朝も絶食でお越しください。水やお茶などは飲んでもかまいません。
鎮痛剤を使用しますので自家用車での来院はできません


【下部内視鏡検査(大腸カメラ)】
  ・便潜血検査で陽性になった方
  ・便に血が混じっている方
  ・お腹の調子が悪い方
  ・検診や健康診断で気になる結果がでた方
  ・胃腸のがんを患った血縁者がいる方
  ・40歳以上の方
 

注意事項

大腸カメラでは検査前日に服用する下剤の処方などが必要ですので、一度外来受診をしていただき、検査は後日となります。

 

大腸CT検査

大腸CT検査は「仮想(バーチャル)大腸内視鏡検査」や「CTコロノグラフィー」と呼ばれています。炭酸ガスで膨らませた大腸をCT装置で撮影し、コンピューター処理によって作成した三次元画像をもとに大腸を調べる検査です。

 
【検査方法】

腸の中をきれいにするために前処置を行います。その後、腸の動きを止める薬を注射し、肛門からチューブを挿入します。そこから炭酸ガスをゆっくり注入し大腸を膨らませます。
CT撮影は、仰向けとうつ伏せの計2回行います。検査に要する時間は全体で約15分程度です。
炭酸ガスを使用することにより苦痛が少なく、鎮痛剤は使用しません。また、炭酸ガスはすみやかに体内に吸収されるため、検査後の食事制限などはありません。

気になる症状などある方は気軽に受診してください。外来受診にて適応有無や前処置などの注意事項などの説明をさせていただき、後日検査となります。

患者さんへのメッセージ

当院では放射線治療、薬物療法を中心としたがんの低侵襲治療をおこなっています。しかしながらどのような治療をおこなうにしても最初に病気を正確に診断することが必要です。また現在おこなっている治療の効果判定においても的確な診断は欠かせません。当院では日本消化器内視鏡学会認定の専門医2名が詳細な検査をおこない診断いたします。

平成25年4月の開院以来、苦痛の少ない、体にやさしい内視鏡検査を目指してまいりました。幸い、当院で内視鏡検査を受けていただいた方からは、「こんなに楽な検査ならもっとは早くうけていればよかった」「家族や知人にも勧めたい」といった感想を頂戴しております。実際に当院の内視鏡検査で無症状の早期がんが見つかり、手術ではなく、低侵襲な内視鏡的切除術で治療することができた方もいらっしゃいました。

また当院では胃カメラと大腸カメラが1日でできる上部下部同日内視鏡検査も行っています。これは仕事などでなかなか休みが取れない方や、一度に検査を済ませてしまいたいという方からご好評をいただいています。

治療面では、頭頸部がんや食道がんの化学放射線治療中には治療の影響で一時的に口から食べ物が食べられなくなってしまうことがあります。このようなことがあらかじめ予想される方に対して、当院では内視鏡的胃瘻造設術をお勧めしています。これにより点滴よりも自然に近いかたちでの栄養摂取が可能となるため、免疫力も高まり、ほとんどの方で治療を完遂することができ、入院期間も短縮することができています。もちろん治療により口から食事が食べられるようになれば胃瘻(胃に入れた管)は速やかに抜去しています。

また、がんにより胆管(肝臓から十二指腸に胆汁を運ぶ管)の閉塞が生じ、黄疸があると薬物療法(抗がん剤治療)ができません。このような方に対して、当院で内視鏡的胆管ステント留置術をおこなうことによりすみやかに治療が開始できるようになりました。

さらに当院では、大腸内視鏡検査でポリープなどの治療が必要な病気が見つかった場合、可能な限りその場で治療をおこなう「日帰り治療」を原則としています。従いまして患者さんは通常、もう一度大腸内視鏡検査を受けたり、入院する必要はなく、デスクワークや家事程度であれば翌日より可能となります(ただし大きなポリープや全身状態によっては入院治療となることもあります)。これも忙しくてなかなか入院する時間がとれないような方にとっては大きなメリットになるのではないかと考えています。

医師紹介

河村 朗(かわむら あきら) 黒原 篤志(くろはら あつし) 
 
・部長
・日本内科学会認定内科医
・日本消化器内視鏡学会指導医
・日本消化器病学会認定消化器病専門医


 
・日本内科学会認定総合内科専門医
・日本消化器内視鏡学会専門医
・日本消化器病学会認定消化器病専門医
・人間ドック健診専門医
・検診マンモグラフィ読影認定医
・日本医師会認定産業医
 
このページの先頭へ戻る