〒650‐0046 兵庫県神戸市中央区港島中町8-5-1

(代表)TEL:078-304-4100
FAX:078-304-0041受診予約専用ダイヤル TEL:078-304-5481

【対応時間】平日(月~金曜)8:30〜17:00

神戸低侵襲がん医療センター がん治療 放射線治療 化学療法 ポートアイランド 神戸医療産業都市 低侵襲 サイバーナイフ

  • がん治療
  • 放射線治療
  • 薬物療法
  • IVR
  • 内視鏡
  • 口腔ケア
  • がんリハビリ
 
  • 関連リンク
  • 看護師募集案内

放射線治療について

放射線療法は、外科療法・薬物療法と並び、がん治療を支える3本柱の一つです。比較的病巣が小さい場合、放射線療法単独でも高率にがんを治癒することができます。
がん治療用の放射線にはがん細胞を障害し、分裂を防ぐ効果があり、腫瘍を縮小あるいは消失させることができます。放射線は、照射する範囲において正常臓器にも影響を与えますが、1日あたりの照射線量やスケジュール、照射範囲を絞るなどの工夫を行うことにより、正常臓器に大きな影響を与えず、がん病巣に対してダメージを集中させることが可能です。

放射線治療の特徴

手術の場合、体に傷跡が残ったり、手術直後には痛みを伴い、一時的に食事を摂ることが難しくなるなど体力的な負担が大きい場合が多いですが、放射線療法であれば体にメスを入れず、痛みも無いため、一般的に体力的負担が少ないと言えます。放射線治療中も、食事を摂ったり、散歩や軽い運動をしたりと、通常通りの社会生活を送ることができる場合が多いです。手術を行えば身体の形や機能が損なわれるような場所にあるがんに対しても、放射線療法を行えば、形態や機能をそのまま保ったままで、がん病巣のみを取り除くことが可能です。
例えば、手術を行うと声を失う可能性がある声帯のがん(声門がん)においては、機能温存を第一として、手術よりも放射線療法が優先されます。手術が困難とされるご高齢の方、持病を持っておられる方でも、放射線療法であれば手術と同等の治療効果が期待できる場合があります。

また、放射線療法は単なる症状への対策にとどまらず、治療を行ったがんの転移病巣個々に対しては縮小させる効果を持ちます。比較的数の少ない転移性病巣に関しましては、病巣各々に対して根治照射に準じた高線量の放射線療法を行うことにより、延命効果が期待できる場合があります。

転移性病巣に対しては、一般的に症状の一時的改善のみを目的とした、短期間で低い線量の緩和照射が行われる場合がほとんどです。神戸低侵襲がん医療センターでは、骨転移やリンパ節転移などの再発・転移性病巣に対しても、積極的に高精度放射線治療の技術を用いて、原発がんに対する根治照射に準じた高線量の放射線療法を行う方針をとっています。再発・転移腫瘍であっても、高精度放射線治療を駆使して高線量を照射することにより副作用を最小限にとどめながら、腫瘍増大を抑制し、可能な限りがんによる症状の出現、悪化を抑えながら、がんとの長期間の共存を目指します。

集学的治療としての役割

より大きな進行がん、放射線療法単独では治癒が難しい種類のがんに対しては、外科療法や薬物療法と組み合わせで放射線療法を行うことがあります。複数のがん治療法を組み合わせることで、より高い治癒率を目指す治療法を集学的治療と呼びます。

例えば、早期の乳がんでは、がん病巣を中心に小さく摘出し、乳房の形を残す温存手術が主流となってきましたが、残った乳房に対して放射線療法を行うことで(乳房温存療法)、乳房をすべて摘出する乳房切断術と比較して、治療成績は同等と報告されています。このように、手術後に放射線療法を組み合わせることで術後再発を防ぐ治療法を術後照射と呼びます。原発性脳腫瘍や頭頸部がん、婦人科がんにおいては、手術結果に応じて術後照射が行われる機会が多いです。
最近では手術前に放射線療法や薬物療法を組み合わせて、あらかじめがん病巣を縮小させておき、手術の根治性を高める術前照射と呼ばれる治療法が、食道がんや直腸がん、膵臓がんに対して試みられることがあります。

このページの先頭へ戻る

放射線治療を行う目的

大きく分けて、主に3つの目的でがんに対する放射線療法を行います。

根治照射

放射線療法単独、あるいは集学的治療として薬物療法など他の治療と組み合わせて、がんの治癒(根治)を目指した放射線療法を行うことを、根治照射と呼びます。
後述しますように、根治照射には長期の治療期間を要する場合がありますが、定位放射線治療と呼ばれる高精度放射線治療であれば短時間で治療が終了します。

予防照射

手術後や薬物療法後など、肉眼的に明らかながん病巣が残っていない状況でも、そのままでは顕微鏡的に残ったがん病巣からの再発が危惧される場合があります。
再発を防ぐ目的で放射線療法を加えることを、予防照射と呼びます。

緩和照射

がんが進行・再発し、周囲臓器に広く染み込んでしまっている場合、全身にがんが広がってしまった場合には、がんの治癒が困難と判断される場合があります。全身に広がったがん病巣に関しては薬物療法の適応となりますが、一般的にその効果が保たれる期間には限界があります。このような病状においても、がん病巣による痛み、しこりや出血などの症状を和らげることを目的とした放射線療法が有効であり、緩和照射と呼びます。

このページの先頭へ戻る

放射線療法の治療期間について

根治を目的とした通常の放射線治療の場合、もしくは化学療法との併用(化学放射線療法)の場合には、土日を除いた平日に毎日の照射を合計約20~35回程度行うことが多いです。
1週間あたり5回の照射となりますので、この場合、4~7週間とやや長期間を要するのが一般的な治療スケジュールとなります。
長期間かけて照射を行うメリットとしては、正常臓器に関して、治療期間中に放射線によるダメージからの十分な回復が期待できることが挙げられます。
一般的に、のどや口の中、食道や腸など、照射範囲内に粘膜が含まれ、がんの治癒を目的とした高線量の照射を行う場合には1回あたりの照射線量を減らし、長期間の照射を行う場合が多いです。

主に脳や肺、肝臓に適用される定位放射線治療と呼ばれる高精度放射線治療の場合、1回から数回の照射回数ですので通常1~2週間以内に治療が完了します。ごく小さな範囲に放射線を集中させる定位放射線治療の場合、正常臓器の放射線によるダメージからの回復を考慮する必要がないため、短期間で治療が完了します。

このページの先頭へ戻る

放射線療法の副作用について

放射線には正常細胞に対しても障害を与える作用があります。このため、がんに対する治療効果の裏返しとして、副作用や後遺症が起こる場合があります。
例えば皮膚に対しては一時的に日焼けと同様の皮膚炎を生じるほか、のどや食道などの粘膜に関しては、一時的にやけどに似た痛みを起こす場合があります。これらの症状に対しては、必要に応じて軟膏や内服薬などで対処を行いながら、自然軽快を待つ場合が多いです。
放射線治療専門医は、放射線が人体に与える影響を熟知していますので、副作用が生じる危険性よりも、治療効果が上回る場合にしか、患者さんに放射線療法を受けられることをお勧めすることはありません。放射線治療により生ずる可能性がある副作用・後遺症につきましては、治療するがんの部位や治療目的、放射線量、併用する薬物療法により大きく変わります。
専門医の判断で、ご病状に合わせた放射線量のさじ加減を行うこともあります。治療内容につきまして担当医から詳しい説明がありますので、よくご理解いただき、ご納得されてから放射線治療を受けられることをお勧めしています。

このページの先頭へ戻る

当院の高精度放射線治療装置のご紹介

各治療機の特徴・治療の流れ

    

サイバーナイフのご紹介

サイバーナイフ

サイバーナイフは高精度のロボットアームに小型の放射線治療装置を搭載した、定位放射線治療の専用装置です。
ロボットアームによりあらゆる方向から腫瘍に集中的に放射線を照射することが可能です。
腫瘍には集中的に放射線が照射されますが、周囲の正常臓器への照射は最小限にとどめることが可能です。

当院はACCURAY社製:サイバーナイフG4を導入しています。

 

サイバーナイフの特徴

ガンマナイフとの違い
ガンマナイフで脳腫瘍に高精度に治療を行うには、金属製ネジを頭蓋骨に直接刺し、金属フレームを固定した状態で、画像検査・治療計画・照射の一連の操作を行う必要がありました。従って、ほぼ半日~丸一日にわたって、金属フレームを頭蓋骨に固定したまま過ごす必要がありました。サイバーナイフはX線透視システムによる精密な位置補正を行うために、苦痛を伴う固定具を必要としません。フレーム固定を必要としないため、分割照射を行うことも可能です。放射線を数回に分割して照射することにより正常臓器の副作用を軽減するため、ガンマナイフでは治療しにくいとされている大きめの腫瘍に対しても治療を行うことができます。また、頭蓋内だけでなく体幹部腫瘍にも治療適応があります。

サイバーナイフ

多方向照射・自動追尾機能で集中的にがんを治療
サイバーナイフは多方向から腫瘍に対してピンポイントの照射を行います。そのため、狙った腫瘍を確実に照射するための高精度の位置照合システムを搭載しております。治療中のわずかな移動をX線のモニターで監視しながら治療を行います。1ミリ以下のずれも検出し、ロボットアーム側で位置誤差の補正を行います。そのために、簡易的なプラスチックマスクによる固定のみで精密な照射を行うことが可能です。 また、呼吸に伴って動く肺や腹部のがんに対しても、自動追尾し治療することができます。

 

頭頚部、脊椎、体幹部など幅広い適応
ガンマナイフでは頭蓋内・頭頸部の腫瘍しか治療できませんでしたが、サイバーナイフは体幹部の腫瘍や、呼吸により動きのある腫瘍に対しても治療可能です。

サイバーナイフ

対応疾患
・脳・頭頸部(脳腫瘍、脳転移、鼻腔・口腔・咽頭の腫瘍、再発・転移性の腫瘍など) ・骨・脊椎(転移性腫瘍など) ・体幹部(肺がん・肝臓がんなど)

 

トゥルービームのご紹介

トゥルービーム

最新放射線治療装置(Varian社製、TrueBeam)を
国内で最初に導入しました。

従来の放射線治療装置と違い、正常な組織を守りながら治療効果をあげる”IMRT”と、呼吸の動きを補正する機能を組み合わせた、最も先進的ながん治療システムです。
1回あたりの治療時間も短くなり、からだにやさしく、高精度な放射線治療を受けられるようになりました。

 

トゥルービームの特徴

正常な組織を守り、腫瘍のみ集中的に治療
トゥルービームの特徴 強度変調放射線治療(IMRT)は、コンピュータを利用して腫瘍だけに放射線を集中させる高度な照射方法です。治療効果の向上や、副作用の軽減が期待できます。さらに、当院では、装置を回転させながらIMRTを行うという新技術も導入しています。これによって、1~2分という短時間での照射も可能となりました。

 
トゥルービームの特徴

呼吸や、体動補正対策も行っています
肺や肝臓など、呼吸による臓器移動の影響が大きい部位においては、呼吸性移動対策を実施しています。これによって、放射線の照射範囲を小さくするこが可能となり、副作用の発生頻度やその程度が軽減することが見込まれます。

全身の様々な腫瘍に幅広く適応
肺がん・乳がん・前立腺がん・肝臓がん・食道がん膵臓がん・転移性腫瘍・骨腫瘍・頭頸部がん、その他、様々な疾患に適応します。

 

トモセラピーのご紹介

トモセラピー

トモセラピーは、強度変調放射線治療(IMRT)
の専用機器として開発され、CTの原理を放射線
治療に応用した最先端のがん治療装置として注
目されています。

当院ではACCURAY社製:TomoHDSystemを導入しています。

 

トモセラピーの特徴

腫瘍の形状に合わせて360度全方向から治療
トモセラピーの特徴トモセラピーは、放射線治療装置がヘリカルCTのように回転しながら360度全方向から腫瘍に集中的に放射線を照射するIMRTの専用装置です。
360度方向から複雑に照射野を整形するために、複雑な腫瘍の形状にフィットした照射を行うことが可能です。
放射線を照射して治療を行いたい腫瘍と、放射線をあまり照射したくない正常臓器が近接している場合や、正常臓器が腫瘍に取り囲まれているような場合でも腫瘍に集中的に放射線を照射することが可能です。

 

毎回のCT撮影による位置照合で精度向上
トモセラピーの特徴 トモセラピーは正常組織に近接する腫瘍に対しても精密な照射を行うため、毎回の治療時にCT撮影を行い、高精度の位置照合を行います。毎回の治療の度にCTを撮像することにより微細な位置のずれを修正することで治療計画通りの精密な治療が可能となります。

 

全身の様々な腫瘍に幅広く適応
トモセラピーは頭蓋内腫瘍・頭頚部がん・前立腺がん・骨腫瘍など全身の様々な疾患に対して治療が可能です。
ピンポイント照射の適応となるような非常に小さな腫瘍から、リンパ節や近接臓器に浸潤するようなある程度の大きさになった腫瘍に対しても治療可能です。
脊髄や唾液腺といった放射線によって障害を受けやすい臓器に近接する頭頸部がんや、脊髄を取り巻くように広がる骨腫瘍、直腸と膀胱にはさまれた前立腺がんなど、通常の放射線治療では副作用のリスクが心配されるような腫瘍に対して、安全かつ効果的な放射線治療が可能です。

 

放射線治療の流れ

①外来受診

外来受診

紹介状や検査結果(フィルム、CDなど)を持参していただき、放射線治療科にて担当医が診察します。放射線治療の適否、最適な照射方法等に関して検討します。必要に応じて追加の検査を行うことがあります。

 

②治療計画

治療計画

患者さま一人ひとりに合わせた治療計画を行います。
1)治療中の体の動きを防ぐため、患者さま専用の固定具を作成します。
2)実際に治療を受けるときと同じ体位で画像検査を行います。
治療計画にはCTだけでなく、MRIやPET-CTを追加することもあります。
3)画像データは専用の計画装置へ送られ、治療専門の医師・医学物理士がコンピューターを駆使して最適な放射線治療計画を立案します。

 

③治療開始

治療が始まります。
1)まず照射前に正確な位置決めをするためのCT撮影を行います。
2)計画画像との位置照合(病巣・正常組織のズレの補正)を行います。
3)体の位置や姿勢が治療計画と一致したことを確認の上、実際の照射が始まります。
 3-1)【サイバーナイフ】治療中の微細な位置ずれは自動的に補正されます。
               1回の治療時間は病状によって異なりますが概ね20分~40分です。
 3-2)【トモセラピー】1回の治療時間は病状によって異なりますが概ね20分~30分です。
 3-3)【トゥルービーム】1回の治療時間は病状によって異なりますが概ね1分~30分です。

 

④診察

診察

放射線治療は数日~数週間に及びます。毎回の照射は放射線技師が担当し、看護師も立ち会います。外来治療中の放射線治療科医師の診察は週に1~2回です。お体の状態や副作用の有無を確認をしながら放射線治療をすすめていきます。

このページの先頭へ戻る

スタッフ紹介

西村 英輝(にしむら ひでき) 馬屋原 博(まやはら ひろし) 原田 文(はらだ あや)
・放射線治療科部長
・放射線治療専門医
・日本医学放射線学会
 研修指導者
・放射線治療専門医
・がん治療認定医
・日本医学放射線学会
 研修指導者
・放射線治療専門医

 
 
橋本 直樹(はしもと なおき) 西川 遼(にしかわ りょう) 川口 弘毅(かわぐち ひろき)
・放射線治療専門医

 


 


 
 
石原 武明(いしはら たけあき) 上薗 玄(うえぞの はるか)  
 
・非常勤(木曜日)
・放射線治療専門医

 
・非常勤(金曜日)
・放射線治療専門医