タイトル

・あきらめないがん治療外来について

「あきらめないがん治療外来」を始めます!

当院のがん治療はエビデンスやガイドラインに基づいた「標準治療」※1をしっかりと患者さんに提供することを第一に考えています。

しかしながら、がん患者さんの中にはこのような「標準治療」を提供することが困難な患者さんが一定数おられます。例を挙げれば、PS(パフォーマンス・ステータス)※2が2以上の患者さん、超高齢の患者さん、間質性肺炎を合併した患者さん、臓器機能低下(肝、腎、心臓など)のある患者さんなどです。このような患者さんにおいては、通常の標準治療を行うことで副作用がひどくなってしまう可能性があり、逆に寿命を縮めてしまうこともあります。一方で、上記のような状況であっても、積極的ながん治療を強く望まれる患者さんも少なからずおられます。

当院ではこのような標準治療の適応になりにくい患者さんにも、あらゆる工夫、戦略を駆使して最善の治療を提供できるように日々精進しています。抗がん剤治療、免疫療法、分子標的治療などの全身化学療法に関しては、薬剤の選択やさじ加減を工夫することでよりよい治療が提供できるように最善を尽くします。また、当院は放射線治療の装置が充実しており、このような症例での照射の経験が豊富であり、たとえ全身化学療法の適応のない患者さんであっても放射線治療による局所の制御が患者さんの延命やQOL(quality of life)の向上につながることがあります。

このような背景もあり、当院では治療の適応がない、治療が困難であるとされた患者さんのためのあきらめないがん治療外来をスタートしました。まずは電話やメールで気軽にご相談ください。またオンライン受診相談もしています。ホームページから予約可能ですのでぜひご利用ください。

 

電話番号 078-304-5480(受診予約専用ダイヤル) 平日8:30~17:00
メール oda@k-mcc.net

オンライン受診相談

https://online.medicalnote.jp/institutions/20bbcd0e

※1:科学的根拠に基づいた観点で、現在利用できる最良の治療であることが示され、ある状態の一般的な患者さんに行われることが推奨される治療

※2:全身状態の指標の1つで、以下のように日常生活の制限の程度を示す。通常、0・1は治療の適応あり、2はボーダーライン、3・4は治療の適応が困難とされる。

PS(パフォーマンスステータスPerformance Status

グレード0

無症状で社会活動ができ、制限をうけることなく、発病前と同等にふるまえる

グレード1

軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできる。例えば軽い家事、事務など

グレード2

歩行や身の回りのことはできるが、時に少し介助がいることもある。軽労働はできないが、日中の50%以上は起居している

グレード3

身の回りにある程度のことはできるが、しばしば介助がいり、日中の50%以上は就床している

グレード4

身の回りのこともできず、常に介助がいり、終日就床を必要としている

引用参考文献 国立がん研究センター がん情報サービス